北海道 バイオマス
北海道 バイオマス
北海道の北東部に位置する町、興部(おこっぺ)町で酪農業をしています、支倉牧場です。
北海道 オーガニックビーフ

飼養頭数:約340頭(牛搾乳牛180頭・育成牛160頭)

農地面積:牧草地170ha

​東京ドーム36個分という広大な敷地でのびのびと牛は育っています。

牧草も全てオーガニックなので、日本では最大級のオーガニック牧場になります。

北海道 オーガニックビーフ

これだけの牛を育てていると乳牛排せつ物も年間で5000トンも排出されています。それに加えて、生ゴミなどのバイオマスを使って

作り出される新たな肥料(消化液)を利活用しています。

支倉牧場は興部町のモデルケースとしてバイオマス事業に取り組んでいます。​

北海道の北東部に位置する町、興部(おこっぺ)町でバイオマスをしています、支倉牧場です。
北海道 オーガニックビーフ

オーガニックの牧草や有機の餌だけを食べて育った牛を「オーガニックビーフ 」と呼んでいます。

2016年から有機の牧草を肉牛に供給して飼育を開始し、2019年に完成・お披露目をすることができました。

札幌のオーガニック食品を取り扱うカフェやバーでも食べることができます。

2021年1月には北海道紋別市にある紋別海洋館のフードコートでも食べられるようになりました!オーガニックビーフを使ったキーマカレーを食べながら、オホーツク名物の流氷を見に来てください!

organic beef.jpg