北海道 オーガニックビーフ
北海道 オーガニックビーフ
北海道 バイオマス

社 名 : 農事組合法人 支倉牧場生産組合

本 社 : 〒098-1944

      北海道 紋別郡 興部町 字豊野150番地1

電話番号: 0158-82-3826

FAX番号:  0158-82-3826

創 業 : 1971年(昭和46年)

法人設立: 1993年(平成5年)

​代表者 : 代表理事 支倉博

飼養頭数: 340頭(成牛180頭・育成牛160頭)

農地面積: 170ha

事業内容: 酪農業(生乳生産、和牛素牛の生産、後継牛の育成、乳牛の飼育)

      バイオマス事業

      オーガニック牛の育成、加工及び販売事業

北海道 バイオマス

支倉牧場は昭和46年に今の興部町で酪農をはじめました。

私で三代目になります。

当時は牛一頭からはじめたそうです。

今では350頭近くの牛を抱えるまでになりました。

牧草地も170ヘクタールあります。

全てがオーガニックの牧草となっており、

日本最大級のオーガニック牧場として運営しています。

2010年からはバイオマスの事業に参画するようになったり

2014年からはオーガニックビーフを開発し、2019年に完成、お披露目することもできました。

どれも共通していることは、「地域のお役に立てるなら」という思いからはじめたことでした。

誰もやっていないことをはじめるには、勇気が入ります。

でもそれが「地域の町おこしの一つになるのなら」という思いではじめることができました。「つなぎコレクション」も町おこしの一環ではじめました。まだまだ興部町は元気

また、こんな私に声をかけてくれた人がいたからこそ、はじめることができたし、続けることができました。

つくづく人の縁は不思議だなと思っています。

そんな一つ一つの縁を大切にしながら、人と人、町と町、心と心が繋がっていけることを続けていきたいと思っています。

 

​代表理事 支倉博​

北海道 バイオマス

​ロゴマークの元になっている

この古びた集乳管は遠軽町生田原に住む

デザイナーさんにペイントしてもらいました。